問題

春の行楽シーズンに駅弁を買って出かける方も多いと思いますが、その駅弁を見てみますと、最近のものは、小分けさせていないものが多くなっています。人気ベスト5に入る「牛肉どまん中」や「飛騨牛しぐれ寿司」も小分けされていないのですが、それにはお客様に購入につながるある理由があるのですが、ではその理由とは何でしょう?

【正解】手作り感が失われるから

【解説】JRでは、商品開発の際の駅弁の仕切りは1つが原則なっています。それは仕切りが多いと、流され作業で作った感が出てしまい、手作り感が失われるからなのです。(JR大宮カリスマ駅弁販売員の三浦さん談)そのため、ランキング10位まで駅弁を見ますと、どのお弁当も小分けしているものがありません。