問題

首都圏の大学生協や購買会で入学シーズンの春、爆発的に売れるオリジナルクッキーがあります。実はそのクッキーを購入するのは学生ではなく、主にその学生の保護者というのです。親心に訴えかける、ある工夫がはいったクッキーなのですが…
では、その工夫とは何でしょう?

【正解】
校章入りクッキー

【解説】
首都圏の主要55大学の生協や購買会では、箱詰めのクッキーが販売されている。
東大であれば銀杏マーク、一橋大学であればマーキュリーマークといった具合に、
クッキーや包装紙に各大学の校章がプリントされている。
価格は1000円前後。親戚縁者や近隣に配ろうと大量に購入する保護者も少なくないのです。

手頃な値段で贈りやすく日持ちもするクッキーは、大学入学の記念品としてはうってつけ。このクッキーを製造しているのは、創業87年の歴史を持つ菓子メーカーのコロンバン。焼き菓子に繊細な印刷が施せる技術を活用し、大学オリジナルのクッキーをつくりあげました。社長の小澤俊文氏は30年のキャリアを持つ元銀行マン。新規マーケット開拓を手掛けていた銀行員時代の経験を生かし、大学ブランドの菓子に着目したという。