SNS

クイズでSNS 

Promotion

クイズでプロモーション 

クイズでSNSを制す

クイズ’でSNS運用代行サービスとは

PR・キャンペーン用クイズ 制作

企業や商品、サービスに関するイメージ、特徴、メリットなどの情報を元にオリジナルのクイズを作成し、企業サイトやSNSページに掲載。
クイズの他、解答ページにも分かりやすい解説文を入れることで、より商品やサービスの魅力をアピールします。

解説文から見てほしいウェブページにリンクしたり、画像やバナーを入れたりして誘導することも可能です。

「楽しい・面白い」を軸に、エンタメ性が強く、オリジナル性が高い「クイズ」を武器にSNSを展開し「ファン」を獲得していきます。

こんな問題を解決!!

PR・キャンペーン用クイズ 制作

SNSの運用を間違えている企業の共通点

①エンタメ性の強いコンテンツが少ない現状

SNS運用の決め手は「検索対策」と「ファン化」。

競合の多いキーワードをタグに選んだり、投稿している内容がつまらないなら新規顧客は情報にたどり着けず、またフォローもされません。

宣伝やセール情報ばかりだと、いいねやリツイートが伸び悩みます。

投稿を見るたびに「面白い」「また見たい」というエンタメ性が強いコンテンツはファンが増えている特徴です。

②大切なのは「戦略」よりも「相性」

SNSがここまで消費者に利用されているにも関わらず、集客ツールとして活用している企業は少数。

投稿を続けていれば、いつかブレイクし売上に貢献するという幻想は早々に捨ててください。
SNSに興味がない人がいくら頑張っても、SNSをやる人の気持ちが分からないため、成果は上がらないのが現状なのです。
またスタッフに交代制で運用させると、投稿に一貫性が無く、コンセプトがぶれやすくファンはつきません。

結果、魅力なく売上につながらないSNSのデフレスパイラル現象に。

③SNSは「本気」が「片手間」かの差しかない

SNSは相性に左右される情報発信ツールのため、できない人は一生できないという特性があります。
再現性が低く、運営者の感性が問われます。
SNSを通じてどのようなコンテンツが喜んでくれるのか?

そこで、SNSの代理運用サービスに発注することになる訳ですが、うまくいくケースはごくわずか。

理由としては、依頼主である社内でのSNSの運用目的が定まってない場合が多いから。

「すべてお任せ」ということでは、結果、無意味な宣伝、販促費の垂れ流しになり、費用対効果も検証できないままだのです。

SNSでクイズが効果的な5つの理由

バズ・バイラル用クイズ

こんな解決策(サービス)!!

クイズが効果的なワケ①

美しい、面白いだけでは、世の中に蔓延しすぎているため消費者の記憶は難しく、考えるコンテンツが必要不可欠。

その分クイズは、商品やサービスの課題についての認識を高め考えてもらう時間を頂くため結果的に認知度を高めてくれます。

また知識欲があるコンテンツはシェアされやすくFacebookやTwitter、InstagramなどのSNSで自然と拡散し低コストで多くの人に認知させることが可能

クイズが効果的なワケ②

「情報を絞る」という行為がクイズの強み。

特にGoogleの場合、文字情報が多すぎるため女性には好まれていません。コンテンツ内で御社の商品、サービスに関連したクイズを露出。

一般的なPRだと押しが強くなる要素が出てしまいますが、クイズだとゲーム感覚に近いため「いやらしい」という感じが無くなるのです。

クイズが効果的なワケ③

従来「視聴のみ」で終わっていたコンテンツの中にクイズがあることで、今までにないインタラクティブなマーケティングが実現できます。

「インタラクティブクイズ」は閲覧者が能動的にみるため、接触回数や視聴時間などのエンゲージメントを高め、自然とサービス理解が深まり、目標のコンバージョン獲得に近づきやすい特徴があります。

クイズが効果的なワケ④

商品やサービスのメリットをクイズ形式で提供することによって、商品の良さを自然な形で覚えてもらえるようになります。
またここで重要なのが「人に話したくなる知識」であり、バズってもらうためには、「へー」と思わせるようなネタ作りが重要となります。

クイズが効果的なワケ⑤

最近の若年層はスマートフォンで「ながら見」をしている視聴環境が多く、集中して動画を視聴してもらうのは大変難しいことです。
しかし「クイズ動画」であれば、「参加したい」と思わせ、”受動的な視聴者”を”能動的な視聴者”へと変化させることができます。

また、視聴者自身にアクションを起こさせることで「記憶」としてインプットさせ、従来よりも深い印象を残すことが可能です。